Andrew's Second Home - Counseling and Support in Japan

カウンセリングを受ける カウンセリングを行う・臨床心理士になる 読む・知る・楽しむ

ニュースレター2002年3号

  1. 日本心理臨床学会第21回大会
  2. パッチアダムズ先生 東京ツアー

1.日本心理臨床学会第21回大会 2002年

(招待講演に関する感想をいただきましたKNに謝意を申し上げます)
日本心理臨床学会第21回大会は、今年名古屋にて開催されました。

今回、名古屋の中京大学で開催された日本心理臨床学会の特別講演はニュージーランド在住のイアン・エヴァンス先生のものでした。講演では「心理アセスメントにおける主たる動向:臨床心理アセスメントの基礎原理とは何か?」ということがテーマに取り上げられ、先生のお話の中で異文化的意識というものに非常に共感を覚えました。日本も、現代は様々な国の人たちとの交流があります。臨床の現場で文化的背景の違う人たちと出会った時、自分自身がクロスーカルチュアルな物の考え方が出来るかという事は非常に大切な点だと思います。先生のお話の中では、臨床家が異文化のクライエントに対し面接中に考えるべきこととして以下の3点をあげられました。

  1. クライエントの言葉を使って説明できるか?
  2. クライエントの文化的背景に即した代替行動を見つけられるか?
  3. クライエントの変化過程を、彼/彼女の文化に即した表現を用いて説明できるか?

これらのことを、是非自分の面接場面の教示として取り入れていければと感じています。

2.パッチアダムズ先生 東京ツアー 2002年9月

パッチ アダムズ先生がアメリカのヘルスケアについて違った観点からお話しをされました。非常に興味深く、また思慮深いお話しでした。

アダムズ先生は、コミュニティ病院を開設するために過去30年間に渡りご自身と仲間の皆さんがどのような努力をなさってこられたかをお話しになりました。 先生の目指すコミュニティ病院ではヘルプや治療を求めて来る患者全員にフリーヘルスケアを提供します。 また、アメリカの健康保険制度により課せられる治療の質の制限を受ける必要は無く、また、 サービスに対する報酬を受け取っていないため、医療過誤に対処するための高額な保険料を支払う必要がありません。
アダムズ先生と彼と同じビジョンを持っている献身的なヘルスケアプロフェショナルのチームは30年もの月日をかけてようやく成功に 辿り着きそうです。この長い年月の間にアダムズ先生は何千人もの人にヘルスケアを提供してきました。 彼の、ケアと治療は「欲望と権力」に基づくシステムとしてではなくコミュニティ内のサービスとして提供されるべきであるという見方は 東京での2000人もの傾聴者によって暖かい歓迎を受けました。

東京及び日本におけるカウンセリングとサポートのメンタルヘルスメイリングリストに加入するためには、ここをクリックして下さい。

今までのニュースレター

ニュースレター2003年3号
日本心理臨床学会第22回大会
ニュースレター2003年2号
日本トラウマティック・ストレス学会:2003年シンポジウム
ニュースレター2003年1号
日本サイコセラピー学会第4回大会
ニュースレター2002年3号
日本心理臨床学会第21回大会
ACA 「カウンセリング・トゥディ」の記事:日本におけるカウンセリング」
パッチアダムズ先生 東京
ニュースレター2002年2号
第12回世界精神医学会 2002年 横浜で開催
カンボジアと台湾における地域精神衛生
ニュースレター2002年1号
日本トラウマティック・ストレス学会:2002年シンポジウム
The Japan Timesの記事 - ICC

カウンセリングバナー
Copyright © 2000-2006 具来夢図・庵努龍. All Rights Reserved.